取り返しのつかないことに

ときに自分の安易な気持ちで出演してしまったことで取り返しのつかないことになることもあるということを理解しておきましょう。

安易な理由で出演

アダルト業界に出演した人の中で幸せな日々を送れた人というのはあまりいないと思います。大半の人が後悔をしながらそれでももう戻れないという覚悟のもとで出演しているのかもしれません。

ここでは実際に出演したことがある人の体験談を紹介していきますので安易に出演しようと思っている人はこちらをご覧になって思いとどまってください。

22歳の大学を中退してバイトに没頭していた時でした。居酒屋で働くようになってその仕事が楽しくて仕方がなくて学校は休んでいてもアルバイトには出るという感じでした。仕事が終われば遊びに行ったりしてこんな日が続けばいいと思っていたのですが、やはりどんどん友達とかは就職したとかで辞めていって気づいたら責任あるポジションとかを任されてみんなのミスを探すような日々になって嫌になって辞めました。

そこからどうしていいかわからず迷っているときにナンパされたのがホストの人でした。暇な日々だったのでちょっとだけ店に上がっていくうちにのめりこんでしまってそこからキャバクラ・風俗へとものすごいスピードで転げ落ちるようになっていきましたが、当時はやはり店に行けば盛り上げてくれて楽しいひと時を過ごせるというのがここ理よかったのかもしれません。

そんな中でもっとお金をと言われて仕方なくアダルト動画に出演することにしました。そして親や友達にバレテしまったり電話番号を交換しただけの人から罵詈雑言の嵐やお金を払うから見たいな催促などが来るようになり周りには誰もいなくなりました。

頼れるのはホストの彼だけでこの人がいなくなったら生きていけないと思いこんでしまって過激な動画に出るようになり日常生活に支障が出るぐらいにハードな演出もこなしていきました。

その辺りからもはやホストの彼からも用済みと言わんばかりに連絡が取れない状況になってようやく自分の愚かなことをしているということに気づいて辞めました。

今はカウンセリングを受けながらアルバイトで生計を立てていますが、いまだに後悔しております。