厳しい競争社会

生き残っている人たちはごくわずかでありほとんどの人たちが一年以上在籍できなくなっているぐらいです。

出演料の激減

どうしてもav業界に出演しなくてはいけなくなってしまったというのであれば仕方がないかもしれませんがその中で注意しなくてはいけないのがどの会社に所属するのか?ということです。

実はアダルト業界には今異変が起きていて昔は大手プロダクションがほぼこの業界をいい意味で牛耳っていました。出演する側からしてみれば大手企業だけを選べばいいだけですのである意味どの会社に入ればいいのかということに悩まなくてよかったのです。

しかし、今はこの業界の大手のシェア率は約半分ぐらいにまで落ちてきています。ではどういった会社が増えてきているのかというとそれは個人レベルや少人数の会社がものすごく数を増やしてきております。

インターネット上で商売ができるということでビジネスチャンスと感じた人が参入してきたためです。そこで生じるのは適当に入るところを決めてしまって悪徳業者のいいように扱われてしまう人が増えてきているということですので気をつけましょう。

この業界はあまり表ざたにはならない部分があり多くの女性が出演しているからと言っても安心できない部分はありますし、いまだに怖い人たちが運営しているところのほうが多いと思います。

悪徳業者に騙されたと気付いたとしても結局泣き寝入りをさせられてしまいます。具体的には出演料が言われていた値段ではないとかは多いですし、中には全く支払われなかったという例もあります。他にはハードな撮影が行われたり、撮影以外でもスタッフの相手をさせっれてしまったりとかも多いようです。

自分が所属する会社がどのような会社なのかを調べることは絶対にしてください。スカウトマンに言われるがままだったり会社の人の人当たりが良さそうだからとかで判断するのではなくてちゃんと口コミなどを見て判断するようにしましょう。